コーヒーグラインダーのススメ

コーヒー豆を購入する際に

店頭で挽いてもらわず、

珈琲を淹れる直前に

使う分のみ挽いた方がより香味を楽しめる。

そんな話題を前回させて頂きました。

 

最近、

コンビニエンスストアの

コーヒーが美味しくなった

と言われる方も多いですね。

 

素材・機械などの向上と共に

直前に豆を挽いて、

一杯づつ抽出していることも

要因の一つだと思います。

 

 

コーヒーを挽く、

豆を粉砕して粉の状態にする道具には

ミルやコーヒーグラインダーと

呼ばれるものがあります。

 

では、

家庭用のグラインダーやミルは

どんなものを選べば良いのでしょうか?

 

動力では、手動式・電動式があります。

 

粉砕部(コーヒー豆を粉にする部分)

の形状には、

主なものに

フラットカッター、

コニカルカッター、

ブレード(プロペラ)式等

の種類があります。

 

手動式と電動式では、

電動式の方が時間的にも早いし楽ですね。

 

しかし、

一度に大量の豆を挽くのでなければ

手で豆の硬さを感じながら挽くことは

色々な発見があります。

 

粉砕部について、

あくまで私の意見では、

ブレード式の形状のものはお勧めしません。

 

なぜなら、

挽いた粉の大きさが不均一で

抽出に影響を及ぼす可能性が

予想されるからです。

 

もちろん、他の形状でも

完全に均一に挽くことは難しいですが、

ブレード式は粉のばらつきが

起こりやすいのです。

 

ブログを読まれている方で

ブレード式(プロペラ式)の

グラインダーをお使いの方がみえたら、

挽いたコーヒーの粉を

茶こしなどで濾してから抽出してみると、

特にハンドドリップの場合に

味の違いに気づくかもしれません。

 

ただし、この場合

コーヒーの粉を濾すことで

抽出に使うコーヒーの

粉の量が減るので、

その点を考慮してくださいね。

 

今回は、

ミルやグランインドを

選ぶ際の基準の

一例をご紹介しました。

 

更に言えば、

ハンドドリップ

エスプレッソなど、

抽出の方法によっても

選ぶべきグラインダーの種類は

変わってきます。

 

この話は、

いずれ別の機会にさせて頂くことに。