コーヒー豆選びと焙煎度

コーヒー豆を選ぶ際に大切な事。

今回は「焙煎度」について

ふれてみます。

 

コーヒーは、

「生豆」(なままめ)

ロースターで「焙煎」されて

初めてコーヒー豆として

普段私たちが店頭で

目にする状態になります。

そして、その焙煎する度合を

焙煎度」といいます。

 

焙煎度は、大まかに

浅煎り中煎り深煎り

に別けることができます。

 

更に細かく、

・ライトロースト

・シナモンロースト

・ミディアムロースト

・ハイロースト

・シティロースト

・フルシティロースト

・フレンチロースト

・イタリアンロースト

の8段階方式の表記を

自家焙煎店などで

見かけることもありますね。

 

基本的には、

生豆の焙煎度が進む、

つまりローストすればするほど

苦味が強くなっていきます。

 

浅煎りはより酸味を感じ

深煎りは苦味を強く

感じるイメージです。

 

チャンスがあれば、「生豆A」を

浅煎り、中煎り、深煎り、

それぞれの焙煎度でローストされた

コーヒーを飲み比べてみて下さい。

 

同じ生豆でなくても、

焙煎度の違うコーヒーを飲み比べてみて、

自分の好みは浅煎りなのか、

中煎りなのか、または深煎りなのかを

みつけるてみることをお勧めします。

 

仮に「中煎り」が好みであれば、

違った生産国の

「中煎り」を飲み比べてみると、

それぞれの豆の特性が

比べ易くなると思います。

 

また、「中煎り」の豆を

色々なロースターで購入して

比較してみるのも面白いです。

 

 

焙煎度」と「商品情報」

・生産国

・標高

・生産処理方法

を併せて

お気に入りのコーヒー豆を見つける

ヒントにしてみては如何でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です