コーヒー豆の選び方(商品の情報を見て買う)

今回から数回にわけて、

コーヒー豆の選び方」という

テーマでブログを書いてみます。

 

皆さんはどんなふうに

豆を選ばれていますか?

 

最近では、自家焙煎店など

商品知識も豊富な

店主やスタッフさんが

いるお店も多いので、

取りあえず勧められたものを

購入してみるのも

ひとつかもしれません。

 


〈写真はコスタリカの豆〉

 

もう少し能動的に

自分から選んでみたいけど、

いまいち選ぶ基準が分からない?

という方がみえましたら、

何かのヒントになればという気持ちで

書いてみます。
(個人的見解であることを予めお断りします。)

 

先日購入した、

エチオピアの豆の「商品情報」です。

 

【エチオピア シダモ グジ】

生産国  エチオピア

・エリア  シダモ県 グジ地区

・標高   1890m

・品種   エチオピア系統品種

・生産処理方法  ナチュラル(乾燥式)

 

このような商品情報が、

焙煎された浅煎りの豆と一緒に

ディスプレーされてました。

 

このほかに「香味の特徴」

イチゴ、桃、オレンジ…なども

記載されていました。

 

商品情報」どんなところをみますか?

服なら、

オーガニックコットン100パーセントとか、

素材をみるという方もいるでしょう。

断然、洗濯機で洗えるものという方も

いるかもしれませんね。

 

コーヒーを選ぶ時に

私は、次の情報を参考にします。

1.生産国

2.標高

3.生産処理方法

の3つです。

あと、エリア

ここには記されていませんが、

農園をみて選ぶ場合も多々あります。

 

第1プライオリティー

農園で選ぶ」という方法も

ありだと思います。

 

特にスペシャリティーコーヒーは、

農園名と流通における

トレーサビリティが明確な、

素晴らしいコーヒーがたくさんありますね。

 

では、最初に抑えて欲しい

3つの情報の理由を

次回説明させて下さい。

 

※あくまで個人的な見解を含んでおります。
他の方のご意見を否定するものではありません
予めご了承ください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です