乾燥式精製って?センターカットが黒い豆

以前ブログ内で

コーヒーの精製方法の一つ

「ハニー精製」について書いてみました。

 

今日は、別の精製方法

「乾燥式」についてふれてみます。

 

自家焙煎店などで、

コーヒー豆をみる機会があれば、

少し注意深く観察してみて下さい。

 

豆の中央に線が走っているのに

気づいた方もいると思います。

 

この線は「センターカット」と呼ばれます。

 

更に「センターカット」を見ると、

黒ぽいものとそうでないものがあります。

 

 

このセンターカットの黒っぽい豆が

「乾燥式」(ナチュラル)

と呼ばれる方法で精製された豆です。

 

コーヒー豆は収穫後、

様々な過程を経て私たちが

普段購入するコーヒ豆になります。

 

「乾燥式精製方法」とは、

まず、収穫したコーヒーの果実を

天日で完全に乾燥させます。

 

乾燥後にそれを割り、

中から生豆(焙煎前の豆)を

取り出す精製方法です。

 

イエメンやエチオピアの

伝統的な精製方法として知られています。

 

水事情が良くない地域、

例えば、ブラジル南部では

今でも主流の精製方法です。

 

そして、この精製方法は

コーヒー豆に特徴的な

フレーバーを与えてくれます。

 

産地による香味の違いが

比較的クローズアップされていますが、

精製方法の違いで

コーヒーを飲み比べてみるのも

とてもおもしろいです。

 

例えば、同じエチオピア産のコーヒーでも

精製方法が違うものを比べてみると

精製方法によるフレーバーの違いに

気づくかもしれません。

 

もちろん、焙煎度合など

味に影響を与える要素は他にもあるので

単純に言うのは難しいところもありますが。

 

個人的には、

エチオピアのナチュラル(乾燥式)の豆を

ラテなどのミルクと合わせていただくのも

お勧めします。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です