コーヒープレスでオイルを楽しむ

スペシャリティーコーヒーの

台頭と共にすっかり定着した

コーヒープレス

カフェプレスやフレンチプレスとも

呼ばれるこの器具です。

今回は、

「コーヒープレス」を使った

抽出方法を紹介します。

 

〈カフェプレス オヤジのレシピ〉

0.35Lのボタムを使用の場合

・コーヒー豆  16g

・挽き目   粗挽き

・湯温  沸騰後冷まさず使用

・湯量  275㏄

豆の量は使用する種類で1~2gを増減

上記の湯量で出来上がりは約250㏄

 

 

〈オヤジの淹れ方 A〉

1.プレスにコーヒー粉を入れる。

 

2.そこへ沸騰したお湯を約275㏄淹れて

ヘラ、スプーンなどで撹拌する。

金属のスプーンなどを使う場合は、

プレス本体のガラス部分に注意!
(当たって欠けない様)

 

3.お湯を入れた時点から4分を計測。

 

4.プランジャーをセットして待つ。
(この時、プランジャーは上がったままで)

 

5.時間になったらプランジャーを

ゆっくりと下まで押し下げる。

カップに注いでできあがり。

 

 

〈オヤジの淹れ方 B〉

1.は上記と同じ。

 

2.そこへ沸騰したお湯約150㏄

円を描く様に入れる。

この時、コーヒー粉全体が

湿らせることがポイント。

 

3.お湯を入れた時点から4分を計測開始。

 

3.お湯を入れてから30秒後に

残りのお湯125㏄を入れる。
(湯量は全部で約275㏄

 

4.プランジャーをセットする。

 

5.上記と同様。

 

通常は、Bの淹れ方をしています。

理由として、

焙煎後あまり日が経っていない豆を

使うことが多いので

炭酸ガスを充分に抜くためです。

 

また、ヘラやスプーンを

使わなくても良いからです。

 

 

もちろんAの様に

ヘラ等で撹拌しても、

炭酸ガスを抜くことは可能です。

 

 

コーヒープレスは

浸漬法といわれる抽出方法で、

豆量、挽き目、湯量、湯温、時間等の

抽出条件を同じにすることで、

ハリオV60などの透過法よりも

味を安定させやすいです。

 

味わいは、

コーヒーオイルが

一緒に抽出されるので

ペパードリップより

口当たりがまろやかです。

 

 

購入したコーヒーが

ペーパードリップした際に、

予想よりも「酸を強く感じた」

そんな時は、

この「コーヒープレス」で抽出して見て下さい。

 

コーヒーオイルの影響で、

酸が少しまろやかに感じる様になります。
(含まれる酸の量は変化していない。)

 

同じ豆を使っても

抽出方法を変えることにより、

より深くそのコーヒー豆が楽しめます。



 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です