ハニー精製

 

ハニー精製?」

 

近年、コスタリカを始め

中米産のコーヒー豆で、

ハニー精製」という表記を

見かけます。

 

先日も近所の自家焙煎店で

コーヒー豆を選んでいると

コスタリカ産の豆の説明に

精製 ハニープロセス

と書かれている豆を見つけました。

 

今日は、

ハニー精製」について

書いてみます。

 

精製」(プロセッシング)とは、

生産地でコーヒーの果実から

生豆を取り出す工程のことです。

 

この工程には、

・ドライプロセス(ナチュラル)

・ウエットプロセス(ウオッシュト)

・セミウオッシュト

などがあります。

 

 

ハニー精製とは、

コーヒーチェリーの

収穫した果肉だけを剥がした後、

ミューシレージの部分は

(コーヒーの周りに付いている粘液質)

残したまま乾燥させる

精製法のことです。

 

乾燥期間中に

外側のミューシレージの水分が

蒸発しながら

ハチミツの様にベタベタする為

こう名付けられました。

 

ブラジルでは、

「パルプドナチュラル」

と呼ばれる精製方法として、

以前から行われていました。

 

近年では、

コスタリカ・パナマなどの

中米の農園で

スペシヤリティーコーヒーの

精製方法に応用されています。

 

更に、ハニー精製は

その過程のミューシレージの残量
(ミューシレージを削り取る量の調整による)

と乾燥時間の違いによって、

「イエローハニー」

「レッドハニー」

「ブラックハニー」

と区別している地域もあります。

 

 

精製(プロセッシング)の違いが、

コーヒー豆の香味にどんな影響を

もたらすのかを想像しながら、

豆を購入したり

味わったりするのも、

一つの楽しみ方かもしれませんね。

〈エルサルバドル ブルボン種 ハニー精製〉

ページトップの写真の生豆を焙煎したもの。