デカフェ(カフェインレスコーヒー)

最近では、スターバックスで

デカフェ ラテ」などの

カフェインレスコーヒーを

使ったメニューが提供され、

大きくプロモーションされました。

 

デカフェ」とは、

コーヒー豆から脱カフェインをして、

その豆を使って抽出されたコーヒーのこと

カフェインレスコーヒー

と呼ばれたりもします。

 

 

私が始めてデカフェを飲んだのは、

20年程前、

海外の高地の街に旅した時でした。

 

「標高が高いので、

脱水症状を避けるため

コーヒーなら、デカフェを飲みなさい。」

と現地の人に言われたのがきっかけでした。

 

アメリカのマクドナルドでは、

リイフィル用のコーヒーサーバーに

デカフェが用意されていて、

(当時はデカフェはオレンジ色のサーバー)

日常的に飲用されていました。

(15年程前の話の為、現在は不明。)

 

アラビカ種のコーヒー豆には、

約1パーセントのカフェインが

含まれています。

 

 

このカフェインをコーヒー豆から

取り除く方法は、

ドイツのコーヒー商が発見しました。

 

現在、カフェインを取り除く為に

行われている方法には、

1.水

2.二酸化炭素

3.薬品

を使うものがあります。

 

なお、「ノンカフェイン」

と呼ばれないのは、

豆に含まれている

カフェイン総量の

0.1とか0.2とかの数パーセント

カフェインが残る為です。

 

就寝前や妊娠時、

その他様々な理由により

脱カフェインしたいが

コーヒーが飲みたい時には、

「デカフェ」を楽しむ選択も

ありかもしれません。

〈デカフェの生豆、少し黒っぽいのが特徴〉