ネルドリップ

以前、ハリオV60カリタWAVEを使った

コーヒーの抽出についてお話しました。

 

今回は、ネルドリップについてです。

 

 

日本では、

ペーパードリップが普及する以前に

使われていた抽出方法

として知られています。

 

子供の頃、喫茶店のマスターが

一度にたくさんの量の

コーヒーをネルを使って

ドリップしていた事を思い出します。

 

今でもネルにこだわっている

お店もありますね。

 

このネルドリップ

日本発祥の抽出方法と思っていたら、

アメリカでも1910年代に

ネルによる抽出方法が

コーヒー雑誌に紹介されているそうです。

 

ペーパーに比べて

ネルは保管などが少し手間ですが、

オイルが抽出されるこの方法は

特有のこってり感が魅力です。

 

コーヒープレスや金属フィルターの

オイル感とはまた違った味わいです。

 

ネルドリップしたコーヒーは

ペーパー程あっさりしていない、

コーヒープレスよりオイル感が少なく、

粉っぽさが無い印象です。

 

 

オヤジのネルドリップ

・コーヒー豆   18g

・挽き目  粗挽き

・湯温   85℃~90℃

・抽出時間  3分~3分半

・出来上がり  150㏄~160㏄

 

30秒程蒸らした後、

点滴の様にぽたぽたとお湯を入れる。

2分~2分半程で50~60㏄を抽出し、

後は細いお湯を目標とする湯量まで

注ぎ続けます。

 

また、

30秒の蒸らし後、

4~5投で目標の湯量になる様

抽出する方法で淹れることもあります。

 

豆の焙煎度合や挽き具合で

色々試して自分なりの

ネルドリップ方法を見つけて下さい。

ネルの手入れ方法、

起毛を表にするか裏にするか

などネルドリップに関する

トピックはまたの機会に

書かせていただきます。